業者に任せる

どうしても自分でトイレのつまりを直せないときには業者に依頼しましょう。インターネットを利用することによって、お住いの地域で利用できる業者を見つけられます。その際には費用の比較を必ず行ってください。それぞれの業者ごとに費用は大きく異なっているのです。基本的には見積りは無料のところが多いため、相見積もりをすると良いでしょう。

トイレのつまりを業者に直してもらうための料金としては、1万円以内に収まることが多いです。だいたい5千円から8千円程度はかかってしまうと考えましょう。ただしトイレつまりがすぐに直ることもあれば、最悪の場合は部品を交換しなければいけないケースもあります。その場合は追加料金が発生してしまうこともあるため注意しましょう。

トイレのつまりの原因によっては業者によっても対処に時間のかかるケースがあります。吸水性の高いものが排水管にこびりついていたり、トイレに嘔吐物や食べ残しを流してしまった場合には気をつけましょう。排水管の調査をしなければいけないケースもあるのです。

いずれにしてもトイレのつまりが直らないならばすぐにでも業者に頼るべきです。そのまま放置しておいたら、家族がトイレを使うことができなくなってしまうのです。

原因や対処

どうしてトイレのつまりが生じてしまうのでしょうか。その原因を知っておくことは大切です。意外と多い原因としてティッシュペーパーがあります。ティッシュを流しても大丈夫だろうと考えている方がいるかもしれません。しかし、ティッシュというのは水に溶けにくい性質があるのです。そのためトイレに流すのには不向きとなっています。あるいは紙おむつや生理用品を流すことによってトイレをつまらせてしまうこともあります。ペーパークリーナーをトイレに流してしまいそれがつまりの原因となることもあります。不要なものを落としてしまったとしても、異物であればそれらはすべてつまりの原因となるのです。

トイレつまりを解決するための方法はいくつかあります。ラバーカップ、いわゆるすっぽんを使っている方は多いでしょう。あるいはワイヤーブラシを使ったり、高圧洗浄機を用いたり、最終手段としては便器を取り外してしまう方法もあります。

ラバーカップを使う際にはゆっくりと排水口に向かって押しましょう。そのあとに勢いをつけて引いてください。これを繰り返すことによって解決できることが多いです。ラバーカップを使ったとしても解決できない場合には業者に頼った方が良いでしょう。

参考|https://0120245990.com/トイレ/トイレつまり.html

トイレのつまりは大変

トイレを使っていてさまざまなトラブルが発生することがあります。その中でも特に困るのはトイレのつまりでしょう。トイレの水が流れなくなってしまうことです。単に流れないだけではなくて、そのまま水が溢れだしてしまうようなケースもあるでしょう。そのためかなりの被害が生じてしまう可能性もあります。トイレのつまりは多くの方が悩まされているのです。

トイレのつまりに対処するためにトイレ内にラバーカップを置いている方は多いでしょう。ラバーカップというのはトイレのつまりを直すために利用するものです。これを便器の中に入れて押し込んでから引っ張ることによってつまりが解消されることが多いです。ただし、ラバーカップは上手く扱わなければ効果を発揮しません。また、ラバーカップでも直せないような事態が起きることもあるでしょう。

トイレのつまりというのは便やトイレットペーパー、あるいはこれら以外のものがつまることによって起きます。そのため正しくトイレを利用していればつまりを極力避けることは可能なのです。しかし、どんなに注意していたとしてもトイレのつまりが生じてしまうことはあるでしょう。お店やオフィスなどの場合はトイレのつまりに無頓着な方が利用するケースもあるため、この場合はつまりを避けられないケースもあるのです。

当サイトではこのような悩ましいトイレのつまりについて対処法を紹介します。これまでトイレのつまりに悩まされてきた方にとって役に立つ情報を提供します。